英・グランドナショナル 完走するのも困難な障害レース〔海外競馬〕

グランドナショナル
– Grand National –
開催地エイントリー競馬場
リヴァプール / イギリス
開催時期毎年4月
創設1839年
GradeGrade3
コース芝障害、スティープルチェイス
障害はトウヒの枝で組まれる
距離6.9km(4 miles 514 yards)
障害数延べ30
賞金総賞金:100万ポンド(1億4500万円)
1着:56万1300ポンド
条件7歳以上
負担重量ハンディキャップ
2019年開催4月6日土曜 17:15(日本時間7日 午前1時15分)

Grand National 2019

タイガーロールが連覇。Wikipediaの更新が早い。

レース結果|スカイスポーツ

 

  • 開催日時:2019年4月6日 17:15
  • 日本時間:2019年4月6日 25:15(4月7日未明)

グランドナショナルデー
スケジュール

エイントリー競馬場

グランドナショナル概要

英グランドナショナル競走は、イギリスリバプール近郊で開催されるG3のハンディキャップの障害競走。5月から始まる障害レースのとりをかざるレースでもある。ハンディキャップレースゆえに格付けはGrade3ではあるが、もっとも人気がある競馬のレースであり、総賞金も障害競走最高額の100万ポンドとなっている。

テレビ視聴者数は140国で5億~6億人、2013年には賭け金が1億5千万ポンド(210億円)を超えたと見積もられた

スタートは整列することなくスタートを切る。

G3の理由
障害競走はGrade制をとっており、掛け値なしの勝負が行われないハンディキャップはG3になる

グランドナショナルは完走すら難しい過酷なレースと知られ、完走できた馬が2頭だけだったこともあるほど。馬の怪我の発生率が高いことから近年では安全策が講じられ難度は下がっているが、それでも落馬は続出する。ただし騎手の死亡は4名のみ。

一般的なスティープルチェイスの距離はもっと短く、障害G1のチェルトナムゴールドカップチェイスでも5,294m(3m 2f 70y)ほど。

グランドナショナルは障害最強馬決定戦という位置づけにはなく、40頭という出走頭数から落馬の多さなど、どちらかというと規格外のファン向けのレースの色が強い。

グランドナショナルは3日間行われるグランドナショナルミーティングのメインレースとして位置づけられている。

  • 1日目 グランドオープニングデイ~
  • 2日目 レディースデー
  • 3日目 グランドナショナルデー

レディースデーには、スタイルアワードが実施され、35,000ポンド相当の商品が提供もされる。ただし公式にはドレスコードはなし。

グランドナショナルの記録

  • レースレコード – 8:47.8 ミスターフリスク(1990年)
  • 最多出走頭数 – 66頭(1929年)
  • 最多完走頭数 – 23頭(1984年)
  • 最少完走頭数 – 2頭(1928年)
  • 最多勝利馬 – レッドラム 3勝(1973、1974、1977年)
  • 最多勝利騎手 – ジョージ・スティーヴンス 5勝(1856、1863、1864、1869、1870年)
  • 最多騎乗騎手 – 20 (A. P. McCoy, 1995-2015), (Richard Johnson, 1997-2016)
  • 最多勝利調教師 – フレッド・リメル(1956、1961、1970、1976年) ジンジャー・マッケイン(1973、1974、1977、2004年)各4勝
  • 最高齢勝利馬 – ピーターシンプル 15歳(1953年)
  • 最高齢勝利騎手 – ディック・サウンダーズ 48歳(1982年)
  • 最年少勝利騎手 – ブルース・ホッブズ 17歳(1938年)

 

全障害リスト

グランドナショナル障害・エイントリー競馬場

  • 第1・第17障害(THORN FENCE) 4フィート6インチ(約137cm)
  • 第2・第18障害(FENCE) 4フィート7インチ(140cm)
  • 第3・第19障害(WESTHEAD) 4フィート10インチ(147cm) 飛越側に幅6フィート(183cm)の乾壕
  • 第4・第20障害(PLAIN FENCE) 4フィート10インチ(147cm)
  • 第5・第21障害(SPRUCE FENCE) 5フィート(152cm)
  • 第6・第22障害(BECHER’S BROOK) 5フィート(152cm)着地側は15cm~25cm低い(内側の差が少ない)
  • 第7・第23障害(FOINAVON FENCE) 4フィート6インチ(137cm)
  • 第8・第24障害(CANAL TURN) 5フィート(152cm)
  • 第9・第25障害(VALENTINE’S BROOK) 5フィート(152cm)
  • 第10・第26障害(THORN FENCE) 5フィート(152cm)
  • 第11・第27障害(BOOTH) 5フィート(152cm) 飛越側に幅6フィート(168cm)の乾壕
  • 第12・第28障害(FENCE) 5フィート(152cm)
  • 第13・第29障害(FENCE) 4フィート7インチ(140cm)
  • 第14・第30障害(FENCE) 4フィート6インチ(137cm)
  • 第15障害(THE CHAIR) 5フィート2インチ(157cm) 飛越側に幅6フィート(183cm)の乾壕
  • 第16障害(WATER JUMP) 2フィート6インチ(76cm) 着地側に水濠

データはおもにWikipedia より

アイキャッチ、トップ画像:Rogelio A. Galaviz C. CC BY-NC 2.0

バーデンバーデン競馬場海外主要レース・国内馬券発売対象レース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。