人間と馬の関わり

馬は近代に入り蒸気機関が発明されるまで貴重な動力源だった。
運搬や動力として用いるだけなら、牛やロバでもよかったかもしれない。

しかし背に人を乗せて高速に移動できるのは馬だけだった。
同じウマ科ウマ属でも、シマウマは家畜化できなかった。家畜化できた種がいたのは人間にとっては僥倖だった。

もし家畜化された種としてのウマがいなければ。

モンゴル帝国は巨大な版図を作り上げることができず、タタールのくびきもなかったろう。
遊牧民族による圧力がなければ、ヨーロッパに黄禍論も芽生えなかったかもしれない。

そんなヒトとウマの歴史を踏まえつつ、馬の福祉も含めて人間と馬の関係について考えてみたい。