Umas! での表記・記載法

野生馬

種としての「野生馬」は存在しておらず、いわゆる野生馬は家畜だった馬が人間の手を離れて再野生化したものです。

両者の区別は英語では野生の馬は “Wild Horse”、再野生化した馬は “Feral Horse” と別の語が用いられますが、日本語だと対応する語がないようです。

このサイトでは「半野生馬」を「再野生化した馬」の意味で使います。

ポルトガルには野生ウマもいる。正確には、今西が使った「半野生」という言葉が正確かもしれない。真に野生のウマは地球上ですでに絶滅してしまったが、家畜化などで人問の手を経たのち、再び野生化したウマがいる。

霊長類学からポルトガルの野生ウマ研究へ | 京都大学霊長類研究所

この表現にも問題があります。野生状態ではあるものの人間の管理下にある「御崎馬」も半野生馬と表現されることがあり、混同されてしまうためです。

そのためUmas!では御崎馬は「野生状態」と表現しています。

 

分類法

日本では”運動性”による分類として温血種と冷血種の二分法が用いられることが多いですが、Umas!(ウマす!)では”気質”としての3分類を用います。

  • 冷血種(重種・ポニーに相当)
  • 温血種(中間種に相当)
  • 熱血種(軽種に相当)

語の起源はともかくとして…ぶっちゃけると、ホットブラッドを温血種、ウォームブラッドを中間種と訳すと、品種名との兼ね合いでややこしいでしょ?ということです。

 

馬齢・人間の年齢換算

馬齢は断りがない限り現在の基準(当歳=0歳)で記載。

馬齢と人間の対応年齢は、馬の成熟度による換算で統一しています。

10 + 馬齢 ✕ 2.5

 

馬齢対応表

 

輓馬・ドラフトホース

品種としての輓用馬・輓系馬である  Draught horse, Draft horse は輓馬とは訳さず”ドラフトホース”と記載しています。

用途としてのドラフトホース(輓用馬)は輓馬(ばんば)にしていますが、文脈によっては農耕馬とすることもあります。

輓馬と農耕馬は分けて記載されることもありますが、農耕でも農耕具をひいていたことから、当サイトでは輓馬としています。

 

ばんえい競馬・ばんえい馬

はばんえい競馬(ばんえい競走)で用いられている馬は「ばんえい馬」とひらがなにしていますが、品種としての輓系馬を指す時は漢字を用いて輓馬としています。

農耕や木出し(馬搬)に用いられる用途を指す時も漢字で輓馬をあてています。

 

ドレッサージュ・馬場馬術

馬場馬術・ドレッサージュは、状況に応じて使い分けています。

 

品種名

品種名は日本馬事協会の表記に従うのがいいとは分かってはいますが、揺れが多々あります。迷われた方は日本馬事協会の表記の登録規定をごらんになってください。