馬連 馬番号連勝複式【馬券の種類】

馬連(うまれん)は1着と2着にな馬番号の組み合わせを当てる馬券のこと。出走する馬が3頭以上で発売。正式名称は「普通馬番号二連勝複式勝馬投票法。」。単勝・複勝・枠連に続く投票法として1992年に導入されました。

複式投票であるため着順を問わず、1着と2着の組み合わせを選んでいれば当たりになります。馬連は馬番号を基準とするため、最大でも8つから選ぶ馬連よりも高配当になる傾向にあります。

2頭の組み合わせを選ぶため、最大18頭での組み合わせの数は18×17÷2=153通りになります。1頭固定となる流しは選んだ馬の頭数になります。

の馬券を買えば も当たりになります。

識別1頭2頭3頭4頭5頭6頭7頭8頭9頭10頭11頭12頭13頭14頭15頭16頭17頭18頭
BOX*13610152128364555667891105120136153
流し1234567891011121314151617x
  • BOXは選んだ頭数
  • 軸馬を決める「流しは」相手に選んだ馬の頭数
馬券購入組み合わせ点数一覧馬券の組み合わせ点数早見表 スマホ対応馬券3連単・馬番号連勝単式勝馬投票法三連単の考え方と点数計算法 BOX/ながし/マルチ【馬券の種類】

1点ずつ買う

JRAマークカード緑
緑のマークカードで買います。

 

馬連をBOXで買う

JRAマークカード赤・ボックス

ボックスは選んだ馬の全通りを買います。マークカード(マークシート)は

18頭立てなら 18 x 17 ÷ 2 = 153通りになります。2で割らなければ馬単と同じです。

最後に2で割っているのは組み合わせの順番を除外するためです。

で考えてみます。馬連だと順番があるため、組み合わせは2通りになります。

  1. >
  2. >

しかし馬連は順番を問わないので、重複分を除外する必要があります。1番目と2番目の入れ替えを考慮するため、常に生じる2通りを除外しているわけです。

5頭のボックスなら 5 x 4 ÷ 2 = 10通りになります。

 

馬連の払戻率(控除率)

JRAと地方競馬主催者ごとの払戻率(控除率)。控除率は100%から払戻率を引いた値。

馬券購入組み合わせ点数一覧馬券の組み合わせ点数早見表 スマホ対応JRAで発売する馬券の種類JRAの馬券の種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。