日本最高齢サラブレッド『シャルロット』(競走名アローハマキヨ)8月3日に老衰により死亡 40歳 

スエトシ牧場に繋養されていた日本最長寿サラブレッドの「シャルロット(競走名:アローハマキヨ)」が2019年8月3日、老衰により40歳で死亡したと、スエトシ牧場のTwitterアカウントで報告されました。

ほんの一週間前、7月27日の毎日新聞に『40歳の元競走馬、今も元気』こんな記事が出たばかりで、元気なんだと思っていた矢先のできごと。

昭和・平成を生き抜いての40歳。生を全うできたのはオーナーと世話を担当してきた人たちがいてこそ。私が言うのはおこがましいですが、お疲れさまでした。

 

シャルロットの40歳は2019年現在の日本最高齢馬。記録にあるサラブレッドではおそらく世界最長寿(公式な記録が見あたらないサラブレッドならそれ以上もいる)。

40歳は人間の年齢にすると100歳超え(毎日新聞表記。校閲が入っての数字なのでこちらを優先)。このサイトの計算式では110歳。

シャルロットは1979年生まれ。1981年にデビューするも競走馬としての成績はふるわず85年に引退。競走馬引退後、乗用馬となりシャルロットと名前を変える。

2003年より、スエトシ牧場で繋養。2014年8月26日にシンザンの長寿記録を更新したことで注目を浴びる。

2019年8月4日現在、存命している高齢サラブレッドには、

駿ホースクラブの牝馬、ルーキー(競走馬登録名:ラッキーシラギク) 37歳[37歳 197日] 10月21日現在(1982年4月8日生まれ)

棚倉乗馬クラブのせん馬、アレックス(競走馬登録名:ムーンファルコン)35歳[35歳 185日] 10月21日現在(1984年4月20日生まれ)

京都の乗馬クラブに35歳の牡馬がいる。

 

シャルロット(サラ牡40歳)

1979年5月14日~2019年8月3日15時12分 40歳 82日

サラブレッド:
競走馬登録名:アローハマキヨ
繋養先:スエトシ牧場

 

長野県佐久市
スエトシ牧場
Orchid oldest horse馬の長寿番付 – 馬は何歳まで生きられるのか馬齢対応表 馬の年齢は人間に換算すると何歳か