JRA競馬学校騎手課程の志願者数と合格者数

JRAの騎手を育成するJRA競馬学校の騎手課程志願者数と合格者数の推移。

千葉県白井市にあるJRA競馬学校では、騎手を育成する騎手課程と、JRAの施設で馬の世話をする厩務員の育成過程の2つのコースが設置されています。

競馬学校騎手課程の生徒は3年間で、基礎乗馬から競馬の騎手としての技術までを習得します。

7名程度の合格者数に対して毎年100人以上の応募者がいるため、10~30倍ほどの倍率になります。騎手課程の入学資格には入学時の年齢が20歳未満となっていますが、実際に高校を卒業した年齢で受かった人はごく稀で、実質的にはもっと低い年齢での入学が一般的です。

乗馬経験はなくても可とされており未経験でも合格者はいますが、多くは乗馬経験者となっています。JRAのトレセンや競馬場で募集されている乗馬苑の乗馬スポーツ少年団の他、美浦と栗東で中学2、3年生のジョッキー希望者を対象とした「競馬学校ジュニアチーム」に所属しているケースもあります。ジュニアチーム出身者としては藤田菜七子騎手がいます。

地方競馬の騎手養成機関である地方競馬教養センターは2年間とJRAより1年短い課程となっています。

入学年応募者合格者数倍率卒業人数卒業者
201332158722.66荻野極、菊澤一樹、木幡巧也、
坂井瑠星、藤田菜七子、森裕太朗
201433159531.85川又賢治、木幡育也、富田暁、
武藤雅、横山武史
201534151530.23西村淳也、服部寿希、山田敬士
201635116814.57岩田望来、大塚海渡、亀田温心、
小林凌大、斎藤新、菅原明良、團野大成
201736130914.4
201837147721.0
201938115912.8
平均139.421.37.15.3

 

JRAのジョッキーを目指す子ども向けプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。