元競走馬だけが出場する『引退競走馬杯』を知ってますか?

RRC・引退競走馬杯

馬術競技のRRC、『引退競走馬杯』って知ってますか?

うま雄

競馬から引退した馬の馬術競技でしょ?タイトルから想像がつくよ!

はい、タイトルそのまんまで、「引退した元競走馬を対象とした馬術競技」のことです。正式名称は「引退競走馬杯」、RRCは “Retired Racehorse Cup” の略です。

RRCは競馬引退後の競技馬としてのセカンドキャリア形成を促すために、2018年から馬場馬術と障害飛越の2種目が開催されています。2018年には5回実施され、2019年には計10回開催される予定となっています。

出場できるのは『2016年年4月1日以降の出走歴を持つ3歳以上の馬、または未出走馬は年齢が3歳以上7歳以下の馬』(2019年規定)。

2016年4月1日以降に出走しているということは、対象となるのは最長でも引退後3年半くらいまでの馬になります。この制限により、第二の馬生を歩み始めて間もない馬同士で競う競技となっています。

引退馬関連でみかける(かもしれない)OTTBという表記は Off The Track Thoroughbred 、引退競走馬の略です(サラブレッド以外の競馬が盛んな国も多い)。

上の動画は2018年のダイジェスト版。現役競走馬時代の映像と馬術競技に出場する現在との対比がいい。引退馬云々抜きに、ふつうにかっこいいです。

こいう動画をたくさん作れば、現役時代を知っている人も目を留めるはず。競技の際に現役時代の映像を大画面で流せたら、競馬をやらない人にも受けるはず。

今年の半分は終わったけれど、障害馬術はあと5回行われます。次は8月31日(土)に岡山県真庭市の蒜山ホースパークで開催されます。

競走馬の引退後に関心がある人もそうでない人も、ご都合があえば観戦に赴かれてはいかがでしょうか。

開催日程は全国乗馬倶楽部振興協会のRRCのページに記載されていますが、詳しい時刻は記載されていません。リンクから個々の大会のページに飛んで、スケジュールを確認してください。