NHKプラスで一部の競馬中継がネットで見られるようになるかも

NHKマイルカップ・日本ダービーはNHK総合で中継されます。ネット配信サービス「NHKプラス」でも同時配信されるので、スマホ・パソコンからも無料で視聴できます。詳しくは↓

NHKプラスNHKマイルカップNHKマイルカップ2020、NHKプラスで無料配信 見逃しは1週間競馬中継をスマホで観る、聴くスマホで競馬中継を視聴する方法まとめ

NHK番組のネット同時配信サービス”NHKプラス”の試験放送が3月1日から開始されています。正式な運用は4月からですが、3月2日現在でも普通に視聴できます。

NHK総合がネット配信されるなら、数は少ないながらも競馬中継も見られるかも!という期待が生まれます。権利関係で流せない番組もありますが、JRAは大丈夫でしょう。ひょっとしたら民放との兼ね合いで難しいかもしれませんが、その辺は本放送のお楽しみといったところでしょう。

2020年は新型コロナ感染拡大の影響によりNHK BSでの桜花賞中継、NHK G(NHK総合)での皐月賞中継は行われていません。当面はNHKプラスはおろか、電波での放送も期待薄です。

外出を自粛して、グリーンチャンネルの無料放送を見ておきましょう。

NHKプラスって何?どうしたら使える?

NHKプラスはNHK番組のネット同時配信サービスです。タイムシフト(追いかけ再生)や見逃し配信もサポートされています。いずれの機能もパソコンのウェブブラウザや、スマホアプリから利用できます。

便利ではあるのですが、ストリーミング(リアルタイム放送)では電波放送と比べて30秒ほどの遅延があるとされているので、災害時はやや心もとないところがあります。BSの1秒くらいのズレと比較すると、やはりネットは遅延が気になります。

NHKプラスは原則としてNHK地上放送の受信契約をしている人へのサービスとされており、NHKの受信契約者を含む同じ世帯の人5名までが無料で利用できます。

しかしストリーミング放送はログインなしでも表示されるので、受信契約をしておらずIDの登録ができない人も視聴できます。ただしログインしていない状態では、受信契約者向けのサービスであるメッセージが画面右下に表示されます。

NHK-plus

ストリーミング(リアルタイムでの放送)は無料で見られますが、タイムシフト(追いかけ再生)や見逃し配信は、受信契約番号を登録した人のみが利用できます。本使用は、後日郵便で届く確認コードを入力してからとなりますが、登録申請段階で作成したIDとパスワードがあれば、すべての機能が使えます。

つまり、受信契約番号さえあれば、登録手続きを終えた段階でフルに利用できることになります。登録方法は後述。

NHKプラス 公式

NHKプラスで見られるようになるかもしれない中央競馬のレース

NHK総合(NHKプラス放送対象)

  • 皐月賞(1954年〜)
  • 天皇賞(春)(1956年〜1962年、1975年〜2010年、2012年〜)
  • NHKマイルカップ(1996年〜)
  • 日本ダービー(1954年〜)
  • 菊花賞(1955年〜1959年、1961年〜)
  • 天皇賞(秋)(1953年〜1962年、1975年〜)
  • 有馬記念(1956年〜1961年、1975年〜)

(情報はNHK競馬中継ーWikipediaより)

 

NHKプラスのログインと登録方法

NHK-plus

受信契約者番号の登録は、NHKプラスの案内ページからリンクされている「ID登録手続き」より行います。メールアドレスを登録すると、折返しNHKからのメールが送られてきます。

届いたメールの登録案内に従って受信契約情報を入力し、IDとパスワードを設定します。登録したIDとパスワードでログインすれば、すべての機能を利用することができます。後日郵送されてくる確認コードを入力してからが本使用になりますが、とりあえずは使える、ということです。

NHKプラスの登録案内ページ

 

ハガキが来たら?

NHK-plus

ハガキが届いたら、”NHKプラスについて”にある「確認コードを入力」ページへ移動して、記載されている確認コードを入力します。

郵送前にアクセスしても「NHKから確認コードをお送りしたお客様のみのお手続きです。」と表示されるだけです。

 

参考:NHK BSでの競馬放送

NHKプラスではBS1は見られませんが、現在NHKが中継しているのものリストです。

BS1

NHKの競馬中継はパドックが長く見られるので、パソコンやスマホで見られるようになったら嬉しいです。