返し馬でグルグル回る変な癖の馬『ハクサンムーン』【ウマ動画】

2011年から2016年まで競走馬として活躍した『ハクサンムーン』は、レース前にその場でグルグル回る旋回癖があることでその名を知られていました。

レース前に本馬場で軽い運動をさせる返し馬の時に騎手を乗せてグルグルがお約束のようになっていました。
グルグルを警戒されているのも意に介さず、騎手を乗せてから軽快に回っています。

百聞は一見に如かず。動画を楽しんで下さい。

2014年3月30日 中京競馬場 G1 高松宮記念高松宮記念

2015年10月04日G1 スプリンターズステークス

とりあえず回らせろ!という意思表示がはっきりしているので笑えます。

変な癖のある馬はパフォーマンスに影響が出ることが多いですが、G2、G3勝ちがあり、G1でも2着3着と好走しています。

競走成績(wikipedia)

年月日競馬場競走名頭数(人気)着順騎手斤量距離(馬場)タイム着差勝ち馬/(2着馬)
2011.12.3阪神2歳新馬11(1人)1着岩田康誠55芝1400m(良)1:23.9-0.3(セシリア)
12.18中山朝日杯FSGI16(11人)16着田中勝春55芝1600m(良)1:35.31.9アルフレード
2012.1.15中山3歳500万下11(1人)1着後藤浩輝56芝1200m(良)1:08.7-0.2(アースソニック)
1.28東京クロッカスSOP12(5人)7着後藤浩輝56芝1400m(良)1:22.90.5セイクレットレーヴ
3.17中京ファルコンSGIII18(8人)11着松山弘平56芝1400m(重)1:25.31.3ブライトライン
5.13京都葵SOP15(1人)9着秋山真一郎56芝1200m(良)1:08.90.9マコトナワラタナ
6.10阪神出石特別13(3人)1着酒井学54芝1200m(良)1:07.8-0.8(グッドルッキング)
7.22新潟アイビスSDGIII18(3人)4着石橋脩53芝1000m(良)0:54.50.3パドトロワ
9.1小倉北九州短距離S16(1人)4着酒井学55芝1200m(良)1:07.40.1ツルマルレオン
10.1阪神道頓堀S16(1人)1着小牧太55芝1200m(良)1:08.0-0.3(ニシノビークイック)
11.3京都京洛SOP16(1人)15着小牧太54芝1200m(良)1:09.51.6サドンストーム
11.24京都京阪杯GIII18(10人)1着酒井学55芝1200m(良)1:08.50.0(アドマイヤセプター)
2013.3.2中山オーシャンSGIII16(3人)9着石橋脩56芝1200m(良)1:09.40.9サクラゴスペル
3.24中京高松宮記念GI17(10人)3着酒井学57芝1200m(良)1:08.3-0.2ロードカナロア
6.30中京CBC賞GIII14(2人)2着酒井学57.5芝1200m(良)1:08.00.0マジンプロスパー
7.28新潟アイビスSDGIII18(1人)1着酒井学56芝1000m(良)0:54.2-0.1(フォーエバーマーク)
9.8阪神セントウルSGII13(2人)1着酒井学56芝1200m(良)1:07.50.0(ロードカナロア)
9.29中山スプリンターズSGI16(2人)2着酒井学57芝1200m(良)1:07.30.1ロードカナロア
2014.3.8中山オーシャンSGIII16(1人)13着酒井学57芝1200m(良)1:09.80.9スマートオリオン
3.30中京高松宮記念GI18(2人)5着酒井学57芝1200m(不)1:13.00.8コパノリチャード
9.14阪神セントウルSGII15(1人)2着戸崎圭太57芝1200m(良)1:07.60.2リトルゲルダ
10.5新潟スプリンターズSGI18(1人)13着戸崎圭太57芝1200m(良)1:09.40.4スノードラゴン
12.27阪神阪神CGII18(11人)18着戸崎圭太57芝1400m(良)1:22.31.6リアルインパクト
2015.3.7中山オーシャンSGIII16(1人)2着酒井学56芝1200m(稍)1:08.80.1サクラゴスペル
3.29中京高松宮記念GI18(6人)2着酒井学57芝1200m(稍)1:08.60.1エアロヴェロシティ
9.13阪神セントウルSGII16(2人)8着酒井学56芝1200m(良)1:08.40.6アクティブミノル
10.4中山スプリンターズSGI15(5人)12着酒井学57芝1200m(良)1:08.80.8ストレイトガール
2016.3.5中山オーシャンSGIII16(4人)2着酒井学56芝1200m(良)1:07.70.2エイシンブルズアイ
3.27中京高松宮記念GI18(7人)11着酒井学57芝1200m(良)1:07.50.8ビッグアーサー

成績から考えてもレース前に入れ込んでいたわけではなく、一通り回り終えたら普通に走ることから、ただのクセだったと考えられています。

牧場では旋回癖は出ないそうなので、その理由を聞いてみたいところ。

旋回癖をはじめとするクセのある馬は珍しくなく、その他にもゆう癖(フナユスリ)・さく癖(グイッポ)・身喰い(自分を噛む)などは、競走馬のセールの時に、記載が義務付けられています。

これらのクセをあまり目にしないのは、競馬場では目立たないからでしょう。
(競馬場で出走まで至らなかったというケースも多いでしょうけれど)

かゆいところを掻いてもらって緩みっぱなしの馬たち【うま動画】 馬 親愛人懐っこすぎる馬たち【うま動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。