競馬の着差1秒は何馬身? 日本欧米の表記と秒数の関係

競馬場 ストレート

競馬の着差と秒数の関係は国やコースによって若干異なりますが、おおむね5~6馬身が1秒と考えられています。

1秒  = 6馬身 = 14.4メートル

1馬身 = 0.1 ~ 0.2秒 = 2.4メートル

日本では1秒差は6馬身として計算されています。1馬身は約2.4メートルなので1秒差は14.4メートル。

大差となる10馬身以上離されてのゴールは、計算上は24m離されていることになります。

JRAの競走では能力差が大きすぎる馬の登録を抑制するため、平地競走(障害でないレース)で距離ごとにタイムオーバーという規定タイムを設けています。

JRAタイムオーバー

タイムオーバーとなった馬は指定期間出走できなくなります。

たとえば芝中距離(1400~2000m)では着差4秒以上でタイムオーバーとなるため、24馬身差(57m)以上差がつくと1月間出走制限にかかることになります。この規定によりJRAから給付される出走手当目当てに、能力が足りない馬を出走させることができなくなっています。

1秒あたりの正確な距離?

上の数字はあくまで目安です。ゴール直前のスピードは正確なところは分かりませんが、上がりのタイム(ハロン)で平均的な距離は計算することはできます。

1秒あたりの距離(m)が知りたいのだから、ハロンx200(m)/タイム(秒)を割り算するだけなのでかんたん。

  秒(小数点1桁まで)

3 ハロン 36 秒 のタイムは

1秒あたり 16.6 mの距離を走っている計算になります。

時速何キロかを求める時のように単位の変換が必要ないので分かりやすいですね。
ハロンタイム=時速計算ハロンタイム(秒数)を時速に変換する計算機
 

着差と秒数の対応表

※この表は着差と英語表記の対応を示したもので、秒差は日本の基準を示しています。

秒差着差英語表記欧州略号米国略号
0同着dead heatdh
0ハナ差(鼻差)Nosensens
Short headsh
0アタマ差(頭差)Headhdhd
Short necksnk
0〜1/10クビ差(首差、頸差)Necknknk
1/101/2馬身(半馬身)Half a length1/2L1/2
1/10〜2/103/4馬身 Three quarters of a length 3/4L3/4
2/101馬身One length1L
2/101・1/4馬身(1馬身と1/4)
2/10〜3/101・1/2馬身(1馬身と1/2)
3/101・3/4馬身(1馬身と3/4)
3/102馬身
4/102・1/2馬身
5/10秒3馬身
6/103・1/2馬身
7/104馬身
8/10〜9/105馬身
10/10=1秒6馬身
11/10〜12/107馬身
13/108馬身
14/10〜15/109馬身
 16/1010馬身
 17/10秒以上大差Distancedst

 

イギリスの表記

イギリスでは馬場とその状態による1秒の目安が記載されています。

◆平地

  • 芝 馬場状態がよければ6馬身、悪ければ5馬身
  • オールウェザーポリトラック 6馬身
  • オールウェザーファイバーサンド 5馬身

 

2 Comments

管理人

匿名さん

あれ、おっしゃるとおりです。申し訳ありません。
ご指摘ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。