乗馬と体重制限 科学的根拠に基づく体重上限

乗馬男性

乗馬クラブや観光地の乗馬体験の案内には、年齢と体重の上限が記載されていることがあります。

観光牧場のポニーなら体重70kg以下の制限があったり、乗馬クラブの体験乗馬なら「80kg以上の方はあらかじめお伝え下さい」といった文言を目にします。

騎乗者の体重の上限は、所有する馬のサイズやクラブ・乗馬施設の方針によって異なります。引き馬で10分歩くだけなら重めでも影響は少なく、初心者乗馬なら馬の負担は大きくなる。そのためまちまちといった印象があります。

馬は重いものを運搬できますが、重すぎるものを背負えば背中や足元を痛めてしまいます。かつて荷駄馬はかなりの重量物を載せていましたが、人間とは重心が異なるのでおそらくあまり参考にはならない。

騎乗者の体重上限は、一般的に馬は体重の30%くらいまでと言われています。

上限が30%という数字は、北里大学獣医学部の研究により裏付けられています。
平均体高144cm、体重340kgの6頭の道産子(北海道ネイティブホース)を使った実験では、それぞれの馬に加速度計をとりつけ、歩法ごとに一定速度で走ったときの歩様の乱れを測定。

騎乗者の体重を66kgからはじめ段階的に増やしたところ、95kgまでは安定していたのに、100kgを超えたところで不安定になったというもの。

この結果、馬装の重量を考慮して騎乗者と馬の安全性を考えると、積載重量は馬の体重の29%である100kg以下にすることが望ましいとしています。

馬体重の30%が上限だろうという研究がある一方で、馬の体重の10%未満がもっともパフォーマンスがよいという結果があります。

理想を言えば10%。しかしこれでは500kgの馬でも体重50kg未満が求められることになり、一般的な競馬の負担重量よりも少ない数字で現実的ではない。

10%を超えた場合はパフォーマンスは落ちてしまいますが、20%まではあまり変わらず。

20%を超えると馬への負荷が厳しくなり、25%を超えると明らかに息が乱れて心拍も上がる。

騎乗者の体重から逆算すると、多くの人は馬の体重の15%前後になるようです。

20%までなら馬の負担にならないことから、馬の福祉との兼ね合いで馬装も含めて20%くらいまでが適当という判断があるようです。

騎乗者の重量が馬の体重の20%という数字は、はからずも1920年のアメリカ合衆国騎兵隊の馬管理マニュアルに記載されていたものと同一のようです。

550kgの馬なら110kgまで載せられるので、体重が100kgの人でも乗馬は楽しめることになります。600kgの馬なら120kg。

鞍数が増えれば馬にかかる負担も減りますし、事実上体重制限はないと言ってもいいのでしょう。

しかし体重によっては大きめの馬が必要となります。一定の体重を越える人に予め伝えるよう記載している乗馬施設は、配馬(馬の割り当て)の都合上知っておきたいということなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。