乗馬人口が少ない理由

外乗 horse treck

日本の乗馬人口は増えているとは言われますが、絶対数は少ないです。

グラフ乗馬人口 日本とイギリス・フランス・ドイツ

その理由はやはりお値段が高いからでしょう。

金額的にゴルフと比較することはできますが、ゴルフは知り合い同士や付き合いで「みんなでまわる」もの。年齢を問わず同じ土俵に立ち、会話をしつつプレーできます。

近年ではお一人様ゴルフも増えてはいますが、基本は知り合いと会話をしながらまわるもの。

乗馬とゴルフでは遊び方が違うので、比較対象としては適当ではないでしょう。

乗馬でも外乗を共にすることができるのならみんなで乗れますが、自由にとはいかないところがほとんど。ポロやホースボールができればみんなで楽しむことはできますが、まずは技術が必要(できる場所もない)。

 

馬に乗る理由

外乗 horse treck

イギリスの調査では、安全なオフロードライディングへのアクセスが多ければ乗る機会も増えるだろうという回答が5割近くありました。

グラフ乗馬人口 日本とイギリス・フランス・ドイツ

多くの人が望むのは馬術競技の技術ではなく、外乗ではないでしょうか。

馬に魅せられ、より知りたい、もっとうまくなりたいという人は馬場が中心になりますが、馬の背に揺られて自然の中を散策したいという人にはわずらわしいか、物足りないでしょう。

競技会は上を目指せば目指すほど金がかかりますし、そこまで洗練した騎乗技術を望む人がどれだけいるのか。

ドライブは好きでもフォーミュラマシンに乗りたいという人はさほどいません。「フォーミュラマシンに乗ってみたい?」と訊かれたら、「乗りたい」と返事をする人は多くいます。だからといって本当に乗る練習をしたりはしない。

フィギュアスケートに憧れたからといって、フィギュアを真剣にやる人はそうは多くはありません。スケートリンクでふつうに楽しめれば十分です。競技としてのフィギュアはお金がかかることや、スケートリンクも減っているという問題はありますが、競技を目指す人は多くはありません。

そういったことを考えると、馬に負担をかけず、安全に外乗できるだけの技術でいいという人むけのコースを設定して、多くの乗馬クラブで採用したらもう少し気楽に始める人も増えるんじゃないかな(数日で5級がとれるとか4級までいけるといったものではなく)。

今はまだ数が多くないですよね。

 

ネックは入会金

乗馬

10万円単位の入会金を払って1年、2年でやめるのは心理的に厳しいものがあります。高い入会金を払ったんだから、あるいは高い入会金を払うんだからと、どうしても長期で考える必要がある。

これが最大の障害だと思います。

ビジターで乗ればいいといっても、自分がどこまでできるのか把握できないうちは説明ができないので、足踏みしてしまい難しいかと思います。

1年コースのある乗馬クラブでも、入会金が格安かというと、安くはあるけれど…というレベルです。

 

入会金不要で指導も受けられる乗馬施設

 

外乗のための基礎的な練習なら、JRAの初心者乗馬教室や三木ホースランドパークのMIKIホーストレック、横浜市馬術協会のようなところで十分だと思います。

JRAの乗馬教室は募集期間がある上に平日の水曜~金曜と、一般的なスケジュールの勤め人には無理なコースですが、三木ホーストレックや、横浜市馬術協会なら時間に融通がききます。

三木ホーストレックは馬事普及を目的としたちょっと変わった乗馬クラブのためレッスンは駈歩まで。在籍可能期間も制限されています。障害や馬場馬術はありませんが、その分、みっちり基礎的な扶助を覚えることができます。

騎乗料は安いとは言えませんが、入会金が不要。月会費も安め。こういう施設が増えれば乗馬人口も増えるのではないでしょうか。

横浜市馬術協会は騎乗料は高めですが、その他の費用が要らないというメリットがあります。

基本を覚えたら、あとは休みの日に外乗をしている施設で楽しむ。外乗に行かない月は2、3鞍、なまらないようにビジターで乗る。

こういう乗り方なら乗馬も一般化すると思うのですけどね。

グラフ乗馬人口 日本とイギリス・フランス・ドイツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。