馬・競馬で用いられる単位

長さ・重さの単位としてかつてはヤード・ポンド法が多く用いられていましたが、現在ではほとんどの国でメートル法が採用されています。例外はリベリア、ミャンマー、アメリカ合衆国の三国のみ。

近代競馬発祥の地であり、馬術競技も盛んなイギリスもメートル法を採用しています。しかし現在でもヤード・ポンド法も公式に用いられており、スポーツをはじめ、競馬・馬術関連でも多く使われています。

日本の競馬では正式にはメートルで表記されますが、ハロンやマイルのようなヤード・ポンド法の単位が慣習として用いられています。

日本の場合は正確なヤード・ポンド法ではなく、メートル法に換算した上でキリのいい数字に丸めています。たとえば(国際)マイルなら正確には1マイル 1609.344m ですが、日本では 1600mジャストとしています。

そのためヤード・ポンド法で計量されたイギリス・アメリカと、メートル法の日本では、同じマイル・ハロンでも若干のズレがあります。

ハンド(hh)

Hand(s), hh(Hands Hight) ヤード・ポンド法

1ハンド = 10.16センチメートル=4インチ

体高(馬の高さ:キ甲)に用いられる。

例)サラブレッドの体高表記

  • 15.2 hands~ 17.0 hands
  • 62 inch ~ 68 inch
  • 157 cm ~ 173 cm

ハンド(ハンズ)は小数点以下はインチを表すため、少数が4になったら1ハンドとなり繰り上がります。小数点以下の基数が4という変則的なルールとも言えます。

ちょっと分かりにくいですが、15.5 handsは15.4と0.1ハンドなので 16.1 handsとなります。

ハンズ – cm換算

整数部 整数部 x 10.16

小数  少数 ÷ 4 x 10.16

hand のもともとの定義は親指の根元までの手の幅(下の図の2)。

hh hand,ハンド(単位)

 

インチ(in, ″ )

inch ヤード・ポンド法

1インチ = 25.4ミリメートル = 2.54センチメートル = 1/12フィート

テレビの対角線の長さ(型と表記)やタイヤ、HDDなどでもよく用いられるインチは、フィートから定義されています。

 

フィート(ft, ‘ )

inch ヤード・ポンド法

1フィート(国際) = 0.3048 メートル = 12インチ = 1/3 ヤード

足の大きさ(縦方向の長さ)を基準とした単位。ヤードの三分の一。航空機の高度でも使われている。

ヤード(yd)

yard ヤード・ポンド法

1ヤード = 0.9144 メートル = 3 国際フィート = 36インチ

ヤードはヤード・ポンド法の長さの基準となる単位

いまなおゴルフやアメフトなどのスポーツで多く用いられています。

 

マイル(mi, ml)

mile ヤード・ポンド法

1マイル = 1609.344 メートル = 1760 ヤード = 1国際マイル

マイルには測量マイルと国際マイルがありますが、ほぼ国際マイルが用いられています。

日本の競馬でのマイル戦は近似値である 1600mが使われています。最強マイラー決定戦であるマイルチャンピオンシップと安田記念も、きっちり1600m。

クォーターホースは1マイルのクォーター(四分の一) 約402m までなら最速という意味で名付けられました。

 

ハロン(fur, f)

furlong ヤード・ポンド法

1ハロン = 201.168 メートル = 220ヤード

日本では1の位以下を丸めて200m。

競走馬の調教や競馬場のコースで、200mごとの区切りとして用いられています。発音的にはファーロング。

競馬場ではゴールまでの距離を示すハロン棒が200mごとに設置されており、上がり3ハロンのように、レースタイムの基準として用いられます。

レースで1ハロン平均12秒で走破すると、1600mなら 1分36秒、2400mレースなら 2分24秒となります。

調教でも1ハロン=200mを基準として調教の強さを調整しています。

地方競馬の情報誌「Webハロン」のハロンはこの単位に由来します。

 

馬力(PS, HP)

Horsepower ヤード・ポンド法 メートル法

PS(フランス馬力)= 735.498 75 ワット ≒ 日本735.5ワット

HP(英馬力)= 745.699 871 582 270 22 ワット

1 仏馬力 (PS) = 約 0.986 32 英馬力 (HP)

HPはイギリスの馬力。PSはフランス馬力。馬一頭が発揮する仕事率から。

イギリス馬力は「550重量ポンド (lbf) の重量を1フィート (ft) 動かすときの仕事率」(550 lbf·ft/s)で定義。

フランス馬力は1秒間につき75重量キログラム (kgf) の重量を1メートル動かすときの仕事率」(75 kgf·m/s)と定義されている。

もとは蒸気機関の発明者ジェームス・ワットが定義したが、現在ではフランス馬力(PS)が用いられ、英馬力(HP)はアメリカやイギリスといったヤード・ポンド法が慣習的に使われる国でのみ用いられている。

ギニー

guinea イギリス旧通貨単位

1ポンド1シリング=21シリング

イギリスクラッシック3冠の”2000ギニーステークス(Two Thousand Guineas Stakes)”(皐月賞のモデル)に名を残す通貨単位。

ギニーは1ポンドに5%上乗せした単位で、医師や弁護士への謝礼(プロフェッション・ジェントリークラスへの報酬)、品物の鑑定料、土地、馬の取引・レース賞金の名目単位として使われていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。