東京オリンピック2020 馬術競技チケット価格・日程と種目の簡単な紹介

東京オリンピック2020の馬術競技チケット価格と日程。馬術競技のオリジナルは見にくいので、総合馬術と障害飛越を入れ替えてまとめました(2019年5月25日現在の情報です)。

馬術競技チケット価格

馬術の通常観覧席はA席、B席、C席の3種類。観戦料金の違いは予選と決勝の差のみ。

  • クロスカントリー(総合)
    4,000円
  • 予選
    6,500円 – 5,000円 – 3,000円
  • 決勝日
    16,000円 – 11,000円 – 5,500円

海の森で行われる総合馬術のクロスカントリーは例外で4,000円。
車いすユーザーは車いす席エリアでの観覧。みんなで応援チケット(2,020円)はクロスカントリーを含む予選のみ。

東京オリンピック会場席シートマップ
東京オリンピック会場席シートマップ
馬術
Equestrian
セッション
Session
チケット価格 (Price)
ABC車いすみんなで応援
馬場馬術
Dressage
予選6,500円5,000円3,000円3,000円2,020円
決勝16,000円11,000円5,500円5,500円
障害飛越
Jumping
予選6,500円5,000円3,000円3,000円2,020円
決勝16,000円11,000円5,500円5,500円
総合馬術 / 馬場
Eventing / Dressage
予選6,500円5,000円3,000円3,000円2,020円
総合馬術/クロスカントリー
Eventing / Cross-country
予選4,000円4,000円2,020円
総合馬術 / 障害
Eventing / Jumping
決勝16,000円11,000円5,500円5,500円
  • 車いすユーザーチケット購入者は車いす席エリアでの観戦。同伴者チケットを1枚、車いすチケットと同額で購入可
  • 東京2020みんなで応援チケット は最下位席種エリアでの観戦
    みんなで応援チケット:12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループ

 

チケット申込み(2018年春抽選)

馬術競技のチケット入手

馬術を始めとする競技や閉会式開会式のチケットを公式サイトで購入するにはID登録が必要です。今回は抽選なので、あわてて申し込む必要はありません。

抽選申し込み
開始 5月 9日(木)
締切 5月28日(火)

延長 5月29日(水曜)昼11:59

この後も先着順販売やチケット販売所での発売があるので、人気競技以外はそこまで慌てなくてもという気もします。

東京オリンピックチケットスケジュール

申込みの大まかな流れ

Tokyo 2020 ID 登録→申し込みサイト→競技チケット選択→カート→申込み

 

の流れ。チャートはこちら

なのですが、申し込みサイトで確定しても認証用の電話番号ページにつながらないことがあるようです。その場合は「Sitemap」ページにある「電話番号認証」から認証ページにアクセス。電話番号認証では、ページに表示された電話番号に、IDで登録した電話から通話をするだけ。184登録をしているなら、頭に186をつけてかけます。



解説動画とリンク

詳しくは解説ビデオで。
ID登録▼

 

申し込み方法▼

馬術競技日程

馬術競技は暑さ対策で夕方~夜間にかけて行われます。

例外的に、総合馬術のみ午前中に行われることがあります。

総合馬術1日目の馬場は馬事公苑で午前の 8:00 – 11:10と夕方の17:30 – 20:55の2回に分けられています。2日目の海の森クロスカントリーコースは 8:30 – 11:55と午前のみ。

馬場馬術、障害馬術は夕方だけなので分かりやすいですが、午前午後と分かれる総合馬術は観戦者としてはスケジュール的にややこしくなりそうです。

競技2020年7月8月
22232425262728293031123456789
馬場馬術
総合馬術
障害馬術

https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/より作成

なお、2019年8月12日(月)~14日(水)にかけて、総合馬術のテストイベントが開催されます。クロスカントリーは本番より短い距離で実施されるようです。

馬術観戦を楽しむための記事まとめ東京オリンピックの参加枠と確定状況

馬場馬術 7月25日~29日

すべて馬事公苑で開催。

7月25日(土)
馬場馬術団体兼個人予選1日目
  • 馬場馬術団体兼個人グランプリ 1日目

日時: 7月25日(土) 17:00 – 22:00
会場: 馬事公苑

7月26日(日)
馬場馬術団体兼個人予選2日目
  • 馬場馬術団体兼個人グランプリ 2日目

日時: 7月26日(日) 17:00 – 22:00
会場: 馬事公苑

7月28日(火)
馬場馬術団体決勝
  • 馬場馬術団体グランプリスペシャル
  • 馬場馬術団体表彰式

日時: 7月28日(火) 17:30 – 22:40
会場: 馬事公苑

7月29日(水)
馬場馬術個人決勝/表彰
  • 馬場馬術個人グランプリフリースタイル
  • 馬場馬術個人表彰式

日時: 7月29日(水) 17:30 – 21:25
会場: 馬事公苑

 

総合馬術 7月31日(金)~8月3日(月)

クロスカントリーのみ海の森公園。馬場障害は馬事公苑。

日時: 7月31日(金)
総合馬術馬場団体兼個人予選1日目

総合馬術(馬場)1日目は午前と夕方の2回。開場は馬事公苑。

  • 総合馬術馬場団体兼個人 1日目 – 1組
    日時: 7月31日(金) 8:00 – 11:10
    会場: 馬事公苑
  • 総合馬術馬場団体兼個人 1日目 – 2組
    日時: 7月31日(金) 17:30 – 20:55
    会場: 馬事公苑
8月1日(土)
総合馬術馬場団体兼個人 2日目
  • 総合馬術馬場団体兼個人 2日目 – 3組
    日時: 8月1日(土) 8:00 – 11:10
    会場: 馬事公苑
8月2日(日)
総合馬術2日目クロスカントリー

総合馬術2日目のクロスカントリーは海の森クロスカントリーコースで開催。

  • 総合馬術クロスカントリー団体兼個人

日時: 8月2日(日) 8:30 – 11:55
会場: 海の森クロスカントリーコース

8月3日(月)
総合馬術障害/予選/決勝/表彰
  • 総合馬術障害団体決勝及び個人予選
  • 総合馬術障害個人予選
  • 総合馬術障害個人決勝
  • 総合馬術団体表彰式
  • 総合馬術個人表彰式

日時: 8月3日(月) 17:00 – 22:25
会場: 馬事公苑

 

障害馬術 8月4日(火)~ 8日(土)

8月4日(火)
障害馬術個人予選
  • 障害馬術個人予選

日時: 8月4日(火) 19:00 – 22:45
会場: 馬事公苑

8月5日(水)
障害馬術個人決勝 / 表彰式
  • 障害馬術個人決勝
  • 障害馬術個人表彰式

日時: 8月5日(水) 19:00 – 21:40
会場: 馬事公苑

8月7日(金)
障害馬術団体予選
  • 障害馬術団体予選

日時: 8月7日(金) 19:00 – 22:05
会場: 馬事公苑

8月8日(土)
障害馬術団体決勝 / 表彰
  • 障害馬術団体決勝
  • 障害馬術団体表彰式

日時: 8月8日(土) 19:00 – 21:20
会場: 馬事公苑

 

馬術競技会場

馬術競技会場は馬事公苑と海の森クロスカントリーコースの2か所。

「海の森クロスカントリーコース」は、東京湾埋立地の「海の森公園」に特設されます。

ほとんどの馬術競技は馬事公苑で行われ、総合馬術二日目のクロスカントリーのみ、海の森公園の専用コースが用いられます。

馬事公苑

  • 馬場馬術
  • 障害飛越
  • 総合馬術1日目
  • 総合馬術3日目
馬事公苑は2018年よりオリンピックに向けて改修工事が行われています。

五輪で馬術競技の競技会場として使われた後、再び工事のために閉鎖されます。五輪後の正式オープンは2022年の予定。

海の森クロスカントリーコース

<a href="https://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/taikai/kaijyou/kaijyou_14/index.html">海の森水上競技場,クロスカントリーコース|東京都</a>

  • 総合馬術2日目 クロスカントリー
クロスカントリーのみ「海の森クロスカントリーコース」で行われます。海の森は埋立地。

自然の中を駆けまわる競技なのに、コースの地形・起伏どころか地面から全て人工的ということに…

 

馬術競技の種目

馬術競技のお勧めは総合馬術2日目のクロスカントリー。ルールは分からなくても、自然の中を疾走する馬を見るだけで楽しいはず。 8月2日(日)の午前中。日曜なので休みを取りにくい人も家族連れで観戦しやすくなっています。

馬術競技は人馬ともに男女・牡牝の差はありません。一切のハンデなしで男女混合で行われることから、男女差のない唯一のスポーツとも言われます。

馬場馬術、総合馬術、障害飛越の3種目が行われ、それぞれ団体と個人で競われます。

馬術は人馬一体という前提があるため馬の乗り替わりはできません。馬が競技に参加できない状態になると選手も出場できなくなります。

(以下の動画はオリンピックのものではありません)

馬場馬術

(動画は競技ではなく、ロンドン・リオの個人金メダルを獲得したヴァレグロ号引退セレモニー)

馬場馬術は馬を正確に美しく運動させる技術を競う競技。ドレッサージュ とも呼ばれます。

規定とフリースタイルの2つがあり、審判員(審査員)がつけた点数で競われることから、フィギュアスケートに例えられることも。点数のパーセンテージがスコアとなります。

馬場馬術についてはナショナルチームの林伸伍選手が動画つきで紹介しているので、楽しみ方が分からない方はぜひご覧ください。

馬場馬術の紹介|林伸伍 Twitter モーメント

総合馬術

総合馬術は同一の人馬が3つの種目を3日間かけて行います。

  • 1日目 馬場馬術
  • 2日目 クロスカントリー
  • 3日目 障害飛越

クロスカントリーは自然の中を馬で駆け抜ける競技。自然の地形を生かしたコースに、柵、生垣、池、水濠、乾壕などの障害が設置されます。

10分そこそこで6kmのコースを走破、つまり平均時速30km以上で疾走することになります。

馬は好きだけど馬術には興味がない、よく分からないという人はクロスカントリーを見てみるといいかと。ルールを知らなくても障害を飛び越えたり池の中に突っ込んだりする姿を見れば十分魅力を感じるはず。

障害の形も様々で、凝ったデコレーションがほどこされていることもあって面白いです。

選手はコースの下見をできますが、馬は競技が始まるまで立ち入り禁止。馬にとってはぶっつけ本番で知らない場所をものすごいスピードで走ることに。馬の鞍上への信頼があってこそ成り立つ競技です。

障害飛越

コース上に設置された障害物を飛び越える競技。

決められた順番どおりに走行し、いかに障害物を落とすことなく早くゴールできるかを競います。

障害物は高さもさることながら、最大で2mの奥行きも難度に影響します。

 

馬術の面白さが分からない!という人は、「馬術競技観戦を楽しむための記事まとめ」に掲載している記事を片っ端から読んでみてください。

馬術観戦を楽しむための記事まとめ五輪オリンピック馬術東京五輪テストイベント 馬術(総合)は一般観戦無し東京オリンピックの参加枠と確定状況

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。