経済動物としての馬 ばんえい競馬と輓馬生産

ばんえい競馬、ばんえい競走

現代も輓馬(農耕馬)として働く馬たち馬は農業や林業でどう用いられていたのか – 輓馬(ばんば)の仕事ぶりを動画で見る

インターネット販売の伸びによりここ数年売上を伸ばしている帯広市が主催する「ばんえい競馬」は、大型馬が最大で1トンにもなるソリを曳く、馬の力強さを競うレース。

犂(からすき:鋤の大きいもの)や木材などを積載したソリを曳いてきた「輓馬」の力比べの要素を色濃く残した、伝統ある競馬です。世界で唯一、北海道だけで行われています。珍しすぎるため、競馬関係の統計にも反映されていなかったりします。

ばんえい競走はかつては北見競馬場岩見沢競馬場・旭川競馬場で行われていましたが、バブル崩壊後の1991年以降は売りあげが下がり続けたために存続困難となり、2006年度には3場が撤退。現在は帯広市のみで開催されています。

2011年には売上が103億6400万円にまで落ち込み存続の危機に見舞われたものの、馬券のネット販売や番組(レース編成)などの改革の効果が表れて持ち直し、2011年からは売上が増加に転じました。

そして昨年度2017年度の売上(馬券販売)額が前年度比36.1%増の219億9264万円となり、帯広単独開催に移行した07年度以降の最高額を更新したと報じられています。売上が好調な理由はネット販売で、全体の78.5%にあたる172億6904万円を占めています。

北海道 – 毎日新聞


売上が伸びて存続の危機から脱したことでみんなハッピー…かと思いきや、先行きには不安も囁かれています。

原因は輓馬生産の大幅な落ち込みによるもの。

能力検査を受ける馬の頭数自体が減り、ばんえい競走への適性が低い馬(能力が高くない馬)もレースに出るようになったこと。

強い馬同士の競い合いをみる競馬で、能力の低い馬が増えれば面白みは減ってしまう。そのためレースの質が維持できるかを危惧する声が上がっています。


開催競馬場3場が閉鎖され、競走馬の需要が減少すれば生産頭数が減るのは自然な流れ。しかしこの生産頭数の減少の影響がが思わぬところにも出ています。それは馬肉の供給。

能力検査に落ちた馬は馬肉として転用されるため、生産頭数が減れば馬肉となる馬の供給も減ることになります。

生産頭数減少の原因は、生産牧場の後継者不足と、よりコストパフォーマンスのよい牛への生産転換によるもの。

 

馬生産と馬肉供給。切っても切り離せない二つの関係について報じた、テレビ北海道の「けいざいナビ北海道」がYoutubeにアップされています。

「競馬は馬を使い捨てにしている」と言われることもありますが、食肉に結び付いているバンエイ競馬は、情と経済活動について考える手がかりになるかもしれません。

競馬を知らない人にも分かりやすい構成になっているので、お時間があればご覧ください。

現代も輓馬(農耕馬)として働く馬たち馬は農業や林業でどう用いられていたのか – 輓馬(ばんば)の仕事ぶりを動画で見る

 

ばんえい競馬 存続の危機

▼ばんえい競馬 存続の危機!?売り上げ好調の裏側で①

https://www.youtube.com/watch?v=b0ySIZzGh60

売上が回復している中央競馬・地方競馬でも、サラブレッドの生産頭数は2017年では7080頭(サラ系1頭含む)。10407頭を記録した1992年には遠く及ばない状態。

中央競馬は1999年に最高の売上を達成していますが、馬生産はバブル崩壊後右肩下がりとなっています。

 

▼ばんえい競馬 存続の危機!?売り上げ好調の裏側で②

https://www.youtube.com/watch?v=Juz86jZJlJc

馬肉の供給減と価格高騰

 

▼ばんえい競馬 存続の危機!?売り上げ好調の裏側で③

https://www.youtube.com/watch?v=NMrLAtKpg7c

主種(大型種)生産への取り組み

 

現代も輓馬(農耕馬)として働く馬たち馬は農業や林業でどう用いられていたのか – 輓馬(ばんば)の仕事ぶりを動画で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。