ポニーじゃないのにポニーと呼ばれる馬

ポニー

ラルフローレンといえばポロポニーのマークですが、現代のポロポニーは分類からすると「ポニー」ではなく、ふつうの馬です。

ポニーは体高(高さ)が 147cm 以下の馬の分類。日本では小格馬のとも表記され、特定の品種を指すわけではありません。

馬の大きさによる分類法では147cm 以上あればポニーには当てはまらないことになります。にも関わらず、150cm以上あるのにポニーと呼ばれる馬がいます。

なぜこのようなことが生じるのでしょうか。

ポニーではないのにポニーと呼ばれる馬

高さにかかわらずポニーと呼ばれる馬には、カウ・ポニーとポロ・ポニーがいます。

カウ・ポニー

クォーターホース american quarter horse

American quarter horse

牧場などの家畜管理に用いられる馬はカウ・ポニーと呼ばれることがあります。

カウボーイの乗る馬ですね。

いわゆる畜産馬(Stock Horse)のうち、牛を追うために用いられる馬を伝統的にカウ・ポニーと呼んでいたことに由来します。カウ・ホースとも呼ばれます。

伝統的なカウ・ポニーは、142cm 以下で320kg ~ 410kg 程度の小型だったため、定義的にもポニーであったようです。

家畜を扱うために用いられるため、小さめで乗り降りしやすい方が都合が都合がよかったのです。

カウ・ポニーの特性としては、機敏さと素早さのほか、本能的に牛を追うのに適した動きができることが求められます。

牛を分断して一頭だけ引き離したり、作の中へ追い込むために小回りがきき、狭い範囲での方向転換が必要になります。ウエスタン馬術 ”レイニング”には、その場で回転するスピンやスムーズに後退するバックアップ、180度方向転換するロールバックなど、家畜を追うための技術が見て取れます。

https://www.youtube.com/watch?v=l1KxA4dS5zU

カウ・ポニーとして用いられる馬

 

ポロ・ポニー

ポロ

馬術競技の「ポロ」に用いられる馬はポロ・ポニーと呼ばれます。ラルフローレンのトレードマークにもなっています。

かつては競技に用いる馬の体高制限があり、ポニーサイズの147cm 以下のみが許されていました(さらに低い時代もあった)。

しかし現代では制約がなく、サラブレッドとの交配も行われています。

ポロ・ポニーはボールを追うため、頻繁な方向転換やスムーズなスピードの変化に対応しています。鞍上(騎乗者)への従順さと、コンタクトが発生した時にも気性のよさも必要とされます。

 

147cm 以下なのにポニーではない馬

アイスランド・ホース

アイスランドホースは長い体毛、短い首、短い肢をもち、体高も147cm 以下。ポニーの特徴を備えているにも関わらず、その気性からポニーとは分類されません。

フィヨルド・ホースもポニーの特徴がみてとれますが、147cm 以上になるものもあるためポニーとは呼ばれていません。

ただ、ポニーかそうでないかは血統台帳上の定義によるものなので、ポニーと呼ばれることもあります。

https://www.youtube.com/watch?v=DL7joqhEv60

 

「ポニー」の特徴シェトランドポニー

一般的に147cm 以下の馬をポニーと分類しますが、「馬」とは異なる外見的特徴もあります。

一般的にポニーは頭と首が短く全体的にコンパクトで、馬に比べると丸みを帯びています。肢は短く、骨の占める割合も高い(骨太)。体毛も全体的に長く豊かで、冬にはモコモコになる品種もあります。

ズングリ・ムックリというイメージ。

外見的特徴の他、気質や運動性によってポニーと呼ばれることがあります。カウ・ポニーやポロ・ポニーが未だに「ポニー」と呼ばれるのは、運動性に着目しているとする見かたもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。