ハノーバ – 馬術競の申し子【馬の品種】

ハノーバ種
Hanoverian

DSC_0017
品種ハノーバ種 (Hanoverian)
原産国/地域ドイツ(ザクセン)
毛色栗毛・ 鹿毛・芦毛・青鹿毛・青毛
体高160 ~ 178 cm (15.3–17.2 hh)
用途乗馬・ヨーロピアン馬術(馬場・障害・総合)
分類中間種・温血種
関連品種アングロアラブ、トラケナー、サラブレッド

気質は温厚にして素直。細かい動きやスピード、持久力、そして俊敏性を備えるため、スポーツホースとして人気が高い。

国際的な馬術競技、とくにドレッサージュ(馬場馬術)と障害飛越競技で顕著な成績を残している。最近はオランダ温血種やデンマーク温血種の台頭が著しいが、ハノーバの評価は変わらず高い。

もともと輓馬としても用いられた品種であるため四肢は強く筋肉質。頭は中程度の大きさで軽く、首は長い。大きくて傾いた肩を持つ。

品種の目標とする平均体高は 165cm とされている。

品種の起源は16世紀にまで遡る。馬車馬としても用いられており、体格は逞しい。1870年以降は軍馬としての利用に焦点が当てられた。ハノーバが正式に品種として確立したのは1888年のこと。第一次・第二次大戦中は農耕馬として利用されるなど、機敏な運動性能よりも輓馬としての色が強かった。

大戦後はトラケナーやサラブレッドなどの熱血種(軽種)との交配が行われ運動性能を獲得。スポーツホースとしての人気を得る。

価格は血統次第では1億を越えることがあると言われるが取引が非公開の場合、ほとんどが推測(憶測)。種付け料も莫大なので、さもあらんという金額ではある。


JRAは東京オリンピックの馬場馬術競技を見据え、2017年に英国産のハノーバー種の騸馬(せんば:去勢された馬)、バローロ(2006)を購入している。佐渡一毅をパートナーに、すでに欧州の大会に出場。

バローロは2012年ロンドンオリンピック、2016年リオオリンピックの馬場馬術で金メダルを獲得したシャーロット・デュジャルダンを鞍上に、2016年に国際大会デビュー。その年のうちに78.725で優勝を飾る。翌17年には師匠にあたるカール・へスターも最高で79.850をマークするなど多数の勝利を収めている(スコアはパーセンテージで表される)。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。